本物の木をつかったブロック

なるべく自然を触れさせてあげたいので、うちの子供達には、本物の木をつかった ブロックをおいてありますので、それで、何かをつくって遊ばせるようにしております。 いろいろな形のブロックがありますので、子供達も遊びながら、考え、家を作ったり トンネルを作ったり、動物の形を作ったりしております。木とふれあうことで心のケアにも なるとおもいます。

竹の座椅子

竹の座椅子は、一定間隔の節の跡があり、木目の美しさもあり、おいておくだけでも 癒やされます。竹の座椅子は、使えば使うほど深い色味になってきますので、とても よいです。和の文化の象徴ともいわれる竹が、古くから多くの人々に親しまれていますので 長年愛され続けています。

リビングと和室をつなげる

リビングととなりにある和室をつなげるように間仕切りにしておけば、 開けたときに、空間が広くつかえるようになります。また、閉めて おけば独立した空間が広がります。子供を寝かせたときにリビングから 見守ることもできるのでとてもよいです。

対面キッチンがあるとよい

対面キッチンがあると、子供の様子を見ることができたり、会話をするにも とてもよいです。何人かで一緒に作業をするときにも動きやすいスペースを 広くとり、冷蔵庫の置き場所も工夫するとよいです。対面キッチンがあると 家族に一体感がうまれて、毎日が楽しく過ごせるようになります。また、 テレビをみながらでもお料理が出来ます。

ざいごの宿や ざいごもん

家族で宿泊しました。ここは、新潟県の村上市にあり、自然が豊富にあります。 美しい山々に囲まれ、新緑の頃にいくと、目に入る緑がなんといってものごちそうに なります。空気も美味しいし、お水も美味しいです。この宿のお料理やお米を 食べるとずっとここで生活したいくらいな気持ちになります。また、宿の人たちと 話すと会話もはずみ、とても和やかな気分になります。近所を散歩しても、すれ違う人 達がとても親切なので、心も癒やされます。1年に数回は訪れたいエリアです。