昔ながらの日本の家はとても住みやすい家

家族で旅行にいきました。宿泊した先は、秩父の民宿になります。この家を見て感じたことは、屋根は、茅葺き屋根になっており、部屋は古民家になっております。部屋にはいると、初めて訪れたのに、とても落ち着く雰囲気をもっております。部屋からでると縁側があり、ここでひなたぼっこができ、穏やかな気分になります。昔は、たくさん同じような家があったと思われますが、新しい家に建て替える家が多くなったので、近年は見かけなくなってきました。あと、屋根も葺き替えの職人さんがいたと思われますが、現在は、全国でも数えるほどになっています。この民宿の屋根は特に珍しく、ワラ葺き屋根になっているんです。ワラ葺き屋根とは、短い小麦を使って葺いてあるので、とても難しい技術を必要とします。この民宿では、屋根の葺き替えをどうしてるかといいますと、宿のご主人が独学で覚えて、現在では、ご自分で葺いているそうです。現代でも同じような考えを持った人がいたら、まだ、茅葺き屋根の姿を見れる家がいくつかあったと思われます。ここに泊まってみるとわかるのですが、居心地がよくいつまでもいたいような気分にさせてくれる家でした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です