子供は、マザベルで遊べば、遊んでいるうちに知恵が身に付きます。

子供のおもちゃで、マザベルというおもちゃがあるのですが、多機能な知育玩具になっており、36個のタイルパーツを組み合わせることで、立体迷路・平面迷路・すごろくなどをつくって遊べます。一つ一つのパーツをみればわかると思いますが、表に玉の通る溝、裏には道のラインが描かれています。これを見ながら子供たちは、迷路をつくっていき、ボールを転がして遊びますので、遊びながら知恵がみについていくといったおもちゃです。ボールを転がす、コースを想像しながら自分でつくっていくので、想像力が豊かになり、頭の回転もよくなってきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です