心を癒しに茅葺屋根の家へ

最近、仕事の疲れもたまり、子供たちもどこも連れていっていないので、心を癒しに古民家に行きました。ここは、秩父の民宿になり、屋根をみてもらうとわかると思うのですが、今でも茅葺屋根になっているんです。茅葺屋根の家なんて、今ではめったに見ることができないのですが、ここの民宿は、ご主人がメンテナンスをしているので、いまだに健在です。私たちが泊まった時は、ちょうど、雨がふっていたのですが、雨が屋根を階段のように流れ落ちているのをみていると芸術的に感じました。昔は、こういった家がたくさんあり、雨がふっても気にしなかったかもしれませんが、この屋根を最初に考えた人はとても頭が良かったんだと思います。ほんと、雨が流れているのを、ずっとみていてもあきないんです。部屋は、古民家のつくりになっているので、実家に帰ったような落ち着きがあります。お料理も美味しいし、心も癒されるし、今回は、とてもリラックスできた旅行が楽しめました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です